漫画 その1

 

 

 

漫画は大好きです。でもそろそろ減らさないとと思い、泣く泣く手放しました。

1つの段ボールに収まるだけ!と決めて最終的に残ったのは以下の作品。

名作揃いなのでとてもおすすめ。

 

 

 

 ◆赤ずきんチャチャ

色褪せない、りぼん史上の名作。
唯一無二のギャグセンス。
兄もはまってたので、男性が読んでも実はとても面白いのだと思われる。
何も考えたく無い時に読むと、ほんとうに元気が出る。

 

 

初めてチャチャを読んだのは小学1年生のときで、仲良しの友達の家に1巻と2巻があった。

そのあと、知り合いのお姉さんか誰かにもらったりぼんの付録の

別冊の薄い冊子にも、チャチャが載っていて、
(のちにコミックスで、セラヴィー先生が風邪をひく話だったと思い出す。)

セリフを1字1句覚える位に繰り返して読んだ。トイレにも持ち込んでいた。

 

そのあとお小遣いでりぼんコミックスのチャチャを全巻揃えて、高校生くらいで1度売り、大人になってから読んだら、全く変わらずに面白くて(すごいことだ、、)

もう一度文庫版を揃えた。本当に名作だなあ、、。

落ち込んだ時に読むと元気になる。ギャグの涙目で最高に癒される。

全国の小学校に置いたらいいのになあ。これはまさしく推薦図書です。

 



 

火の鳥

祖父母の家にこの漫画だけがあり、幼稚園の頃から遊びに行くたび読んだ。

子供ながらに各時代にタイムトラベルしてる気分になった。

幼稚園の頃は、文庫の13巻(ギリシャ・ローマ編)ばかり読んでいたので、手塚先生はちゃんと女児の心を掴んでいたんだなあ。

あとは妙にロビタの話の、集団投身自殺シーンと、おぼっちゃんが首がとれたロボ母に抱かれて連れ去られ、泣いているシーンが印象的だった。あと宇宙の人間草の生々しい感じとか。

歴史を横断し、過去から未来まで描く大傑作。登場人物がみんな魅力的。

女の子はみんな可愛いし、なおかつ格好いい。カジカは元祖ツンデレ。ウズメの凜とした感じや、タマミのロングヘアに憧れ、ブチは手のひら〇〇シーンと最後の髑髏シーンが最高だった。チヒロもとても可愛い。

男の子も素敵なヒーローばかりで、今の漫画にはあまりみない、それぞれ賢くて品がある感じ、真摯に苦悩する感じがたまらん。大人になってから読むとさらに身につまされる話が多いのです。

ブラックジャックも残したかったけど、巻数がおおいので泣く泣く譲った。

あとはどろろも好きです。ジブリ映画の元ネタを随所に感じる。宮崎監督は批判もするけど相当手塚先生に影響されていると思う。コマを見て、ジブリだ、と感じるページが手塚作品にはたくさんあるなあと、手塚治虫マガジンアプリで全作読んでつくづく感じたのでした。始祖というのはものすごい影響力を持っているのだなあ、、。

手塚先生が インスピレーションを得たという、ストラヴィンスキー火の鳥も大好きである。たまらん。

ストラヴィンスキー:火の鳥/スクリャービン:プロメテウス

ストラヴィンスキー:火の鳥/スクリャービン:プロメテウス

 

ヴィシニョーワのリアル火の鳥


Stravinsky - Ballet "L'Oiseau de feu" - Diana Vishneva

 

 このつながりで、バレエのニジンスキー版の春の祭典も最高である。

本当はJoffrey Ballet版の方がさらに好きだ。 


Rite of Spring - Joffrey Ballet 1987

謎にかっこいい。衣装も良い感じだ。またどこか上演しないかな。

死ぬまでに生で観たい。ベジャール版しか観たことがない。

 

 

 

 

 

 

 

わたしは真悟

文庫で揃えて、好きすぎて完全版で買い直した。東京タワーを見るたびに思い出す作品。

まず絵がすごい。気合の入り方が違う。毎回の扉絵がおかしい。構図もクオリティも漫画を超えていてこれだけの画集が欲しいくらいの、かっこよすぎる傑作少年少女SF絵画なのだ。

そして話もすごい。小学生の切実な惹かれあいから、ロボットに感情・生命が創発しはじめて、恐ろしい熱量で展開の読めない話が続く。日本が消え失せる、とか、楳図先生はとても世界情勢に詳しいすごい脳内の人なんだろうなあ、、。決してこれみよがしにしないけれど。序盤のモノローグ調かつ贅沢なコマ割りに比べると、終わりが急すぎるのだけがびっくりしたが(編集を恨む)、しかし大傑作に変わりない。

楳図先生は捨てきれずに他、漂流教室(文庫)、イアラ(文庫)、神の左手悪魔の右手(文庫)、おろち(完全版)は残してある。洗礼は古本で買ったものだったので手放し、、14歳も手元にあるのが妙に怖くて売ったけど、定住場所が決まったら全部完全版で揃えたいなあ、、、!

 

楳図先生を読むまでホラーは全般苦手で(今もホラー映画は観られない)、でも漂流教室を読んでから、不思議な免疫がついた。あまりに感動して漫画を読まない父にも無理やり読ませたことがある。

学生のとき、大好きすぎてCDも買ったけど、これも名盤でかなりくせになるのだった。歌謡曲っぽい不思議な音楽。

日本においてきたけどまた聴きたいなあ。 紙ジャケットがおしゃれなんだ。

 

楳図先生が天才であることは疑いようがない。

 

今調べたら闇のアルバム2がでてるではないか!!

itune storeで買おう!あ、でもまた紙ジャケットで素敵なCDなのかな、、そしたら物で欲しいなあ、、あああ、、帰国時の楽しみにしよう、、、。

わあ!!2018年1月にすばらしい受賞をなさっていたのですね。楳図先生おめでとうございます。フランス人見る目あるですね。遺産賞とはまさになり。

闇のアルバム/楳図かずお作品集

闇のアルバム/楳図かずお作品集

 
闇のアルバム 2

闇のアルバム 2

 

 

ジブリ作品の中で、MoMAの唯一のパーマネントコレクションが、「となりの山田くん」なことといい、正当なものが正当に評価される、外国人のその選定する目に妙に感激するのであった。 よくそこを見つけるなと思う。

 山田くんは、劇場公開時に父に連れられて観に行ったが、当時はよくわからず、この間大人になってとても久しぶりに観たら、ものすごく感動して、大号泣した。歳をとったのだなあ。ボブスレーシーンで既に泣く。

ホーホケキョ となりの山田くん [Blu-ray]

ホーホケキョ となりの山田くん [Blu-ray]